2018年02月27日

おっと

早いもので

今日と明日で

今年度の授業が終了です!!!

明後日からは

新年度の授業がスタートします!


と、同時に

現中3生の応援授業もスタートです。


入試まで10日を切りました。

やれるだけのことをやって

送り出したいと思います。


入試が終わるまでは

更新が滞るかもしれませんが

ご容赦ください!!!
posted by with at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月26日

日本って其のA

愛知の福井の同時刻の写真を

アップした記事のつづきです。


そういえば

その後

坂井市の友人がこんなのもあったよ〜

と別の誰かがネット上にアップした写真を

みせてくれました!


埋もれた車1.jpg


出れないのを承知で雪かきしたのが


コチラ


埋もれた車2.jpg


「低っ!」ってツッコめばいいのか


「高っ!」ってツッコむべきなのか…



いずれにしてもスゴイ!



そしてこれまた

今度は釧路出身の友人が教えてくれた

ホットなネタ。


「そだね〜」

カーリング女子銅メダリスト達の

何気ない会話が話題ですが

本人達(ボクの友人)は

標準語と思って使ってたそうです。


そんな話から

色々面白い?イントネーションがあることを

教えてもらいました。


「幼稚園」とか「いちご」とか「ジャージ」とか「イス」とか…

ボクは友人から直接レクチャーを受けましたが(苦笑)

文字に起こすと

何も面白くないので

探してみました!!!


なんでもあるな〜

You Tube!!(笑)


リンクだけ貼っておきます!

「幼稚園」


アレ?

あまり面白くないゾ?


酒の席だから面白かったのかなぁ〜???(苦笑)
posted by with at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月24日

志願変更前倍率

昨夜

愛知県教育委員会のHP上に

志願変更前の倍率がアップされました!

コチラ


ウチの生徒達が受けそうな主な高校は

豊田西高1.88(1.90)
豊田北高→1.92(1.98)
豊田南高→2.06(2.00)
豊田高校→2.21(2.24)
豊野高校→1.83(1.90)
豊田東高→1.43(1.27)


と言った具合です。( )内は昨年倍率


西高と北高は

倍率が低かった昨年から

さらに微減!

まぁ大差ないですけど♪

南高と東高以外は下がってますね。


東高は昨年が下げ過ぎでしたから

こんなもんでしょう!


南高が人気ですね!!!


最終倍率は

27日(火)の夜にHP上に

アップされる予定です。

28日(水)には新聞紙面にも登場です!


さぁ

いよいよ

いよいよ入試が近づいてきました!



体調を整えて頑張ろう!!!
posted by with at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月23日

日本って

小さな島国だけど

なかなかスゴイ国です!


先日の福井県での豪雪

被害にあわれた方にくれぐれもお見舞い申し上げます。


さて

福井県坂井市での大雪ですが

まさに

慶成学舎の鈴木先生のところが

福井県坂井市!!!


雪かきとか大変そうですし

雪と縁のない僕らが何度も連絡しても…

と思い

羽佐田先生にお見舞いのお電話を頼みました!


第一声は

「埋もれてるゾ」

だったそうです!(笑…っていいのかな?)


坂井市には

鈴木先生とは別に

古くからの友人も住んでいるので

彼に連絡


すると


1枚の写真が送られてきました!


002.JPG


確かに埋もれてるわ!


2階から撮った写真ですが

パッと見そんな風には映りません!!!


無事を確認できたので

その時の豊田市の写真を

送ってあげました!


001 (2).JPG


間に岐阜県があるだけの

福井と愛知ですが

こんなにも違う風景に

日本スゴイ!

と改めて思うと同時に

日本地理の面白さを

生徒達に伝えてあげたい!

と思いました!!
posted by with at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月22日

つづき

You can take a horse to the water,

but you can’t make him drink.

イギリスのことわざで

馬を水辺に連れて行くことはできても

水を飲ませることはできない。

という意味です。


さて

質問の話のつづきです。


質問をするためには

大前提として

「勉強をしている!」ということが

必須になります!

勉強しているからこそ

「なんでこうなるんだろう?」

って思うわけです。


たまに

「数学がわかりません」

とか

「英語がわかりません」

と言ってくる生徒がいますが

これは問題を解いていない子の質問?セリフ?です!

「この問題がわかりません」もほぼ同じです。


なんとなく「わかりません」と言われても

どうしてあげることもできません。

まずは

「問題を解いてみよう!」

としか言ってあげられません。


あと

「どこがわからないか『わからない』」

のパターンも基本同じです。

もっと厳しい言い方をすれば

勉強をしていない子の常套句です!!!


例えば上の例文

「『make』の意味がわからないんです」

と持ってきてくれれば

教えてあげることはできます。

もっとも

「自分で調べろ!」

と言われるかもしれませんけど…(笑)


さらに良いのは

「make him drink」をなぜ

「彼の水をつくる」にならないのか?

と聞いてくれること。

そうしたら

「make」という単語の

意味だけでなく文法も教えてあげられます!


じゃあどうすればいいのか?

って話になるんですけど

結局は

「数学がわからない」でも

「わからないところがわからない」でも

まずはボクのとこに来ることです!


そうすれば

「問題を解いてからもってこい!」

と言ってあげられます!(笑)


問題を解かないことには

なにも始まらないんです!!!


今はまさに

定期テスト終わりで

バツになった問題や

わからない問題があると思うので

それを持ってくることです!!!


せっかく解いたんだから

無駄にしないことです!


保護者の皆様

どうぞ

「答案用紙持って聞いて来い!」と

背中を押してやってください!
posted by with at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月21日

テスト結果

ようやくテストが返却されたところで

学年順位はもう少し先になりそうです。


テストの結果を見て

面談の希望があれば

お気軽にご連絡ください!!!


保護者の皆様とボクの間で

情報の共有が不十分だと

やはり

いい結果にはつながりにくいです。


些細なことでも構いませんので

どしどし連絡ください!!!



せっかくなので

先日あった面談の話を


「ウチの子わからないところを

そのままにしているんです」

という相談でした。


どうやら

保護者の方は

「子どもが(恥ずかしがって)質問できない」と感じているようでした。

でも実際には

ボクがその生徒に聞いても

「質問がない」と言います。


「ない」わけないんですけど

「ない」と言うものを

ムリヤリ出させても結局身にならないので同じです。


だから

ウチの塾では

質問のアクションは生徒から!

というルールがあります。


それを曲げてまで

聞いても

結果は変わりません!


実は

質問をする!という行為は

とても重要なことであり

とてもハードルが高いことでもあります。


長くなりそうなので

明日につづきます!(苦笑)
posted by with at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月20日

ウィズテスト

今日は小学生のウィズテストでした!

1年間の最後

5回目のテストなので

特に算数は

範囲がメッチャ広く

かなり大変だったハズです!!


どれだけ準備して

テストに臨んだのか?が

かなり成績に関係してくると思います。


点数の良し悪しだけでなく

準備のところがしっかりできているのか?

も是非ご家庭でチェックしてあげてください!


まぁ

中学生も同じですけどね♪
posted by with at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月19日

更新再開です!

先週で学年末テストが終了し

テスト返却が始まりました。


そして

もうすぐ

いよいよ

新年度に突入です!



新年度に突入しても

入試が終わるまでは

毎年

学年の切り替わりに

ボクも慣れないんですけどね!(笑)


チラシにも書きましたが

おかげさまで10年目に突入します!


それを目にした

卒業生やら保護者の皆様から

連絡をいただいたり

ちょっと幸せなテスト期間でした!!


これからも

精一杯頑張りますので

どうぞよろしくお願いいたします!
posted by with at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記