2019年07月04日

質問に答える

なかなかパンチの効いた得点を取ってきた愚息

昨夜久〜しぶりに

質問をしてきました!


おおっ

さすがにちょっとヤル気になったか?

などと思って内容を聞くと…

「ニュートラルのフォーメーションなんだけど…」

ボク:「んっ?」

愚息:「だからフォーメーション」

ボク:「ふぉーめーしょん?」

愚息:「そう」

ボク:「なんの?」

愚息:「バレー」


おい!

数学じゃないんか〜〜い!(苦笑)


とかなんとか言いつつ

ちゃんと答えようと質問を聞けば聞くほど

「???」

前提がなさすぎる…


バレー経験者のお父さん・お母さんには

お分かりいただけると思いますが…


「相手がレフトから打ってきました。

どこに守りますか?」と。

えっ?終わり?

イヤ、何より

それを決めるのが監督でしょう!(笑)

せめて相手の前衛が何枚なのか?

ブロックは2枚付いていると思っていいのか?

などなど教えてほしいことは

盛りだくさん♪

バレーやったことない人は

「なんのこっちゃ?」だと思いますが…(苦笑)


愚息からは

「質問したのに答えられないの?」

みたいな表情されるし…

答えたいのはヤマヤマでしたが

前提をしっかり聞いていないので

「答えられない」としか言いようがありません!


質問をするときは

ちゃんと自分で考えて

どこまでは理解できて

どこからが理解できていないのか?を

明確にしてもらわないと

答えてあげることができません!


「数学がわかりません」

という質問は取り合いません!

「文字式がわかりません」も同様です。

「分配法則がわかりません」

これはギリです!

「分配法則で符号が変わるところがわかりません」

とかまでくるとアドバイスしやすくなります。


自分でどこまでを考えたのか

ちゃんと伝えてくださいね!


だからこそ

成績の良い子は質問するし

質問する子の成績は上がっていきます。


ちゃんと考えないと質問できないんです!

テストが終わった後だからこそ

質問できるような勉強してくださいね!
posted by with at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記