2018年10月23日

朝から

妹から電話がありました!

何ごとかと思えば

息子(ボクからみれば甥っ子)の成績についての

相談?報告?でした。


静岡でも

体験入学やら見学会やら

いろいろあるようで

やっぱりお母さん達(生徒達)の間では

内申の話になるようです。


250点満点のテストでいつも

200点以上を取り

理科に至っては

3年間で1度も40点を下回ったことのない子が

「3」だった

9教科合計で「32」

授業態度普通

提出物もだしている


こんなのありえる?

と聞かれました。

う〜〜ん

ウチの甥っ子だったらよかったのに…(笑)


あるか?ないか?で言われれば

そりゃありますよね!


学校での様子は

僕たちはもちろん

保護者の皆様にもわからない空間なんです!


生徒達はちゃんとやってるといいますが

そうでないこともあり得ますし

教師側がみている

「ちゃんとやってる」と

子ども達の「ちゃんとやってる」に

隔たりがあることもしばしば。


でも入試が絡むから難しいですよね!


その内申「1」で合否が変わることも

受験の可否が変わることも

あるわけですし。


1番は担当の先生全員に

「何が良くて、何がいけないのか?」

教えてもらえるとありがたいんですけどね。

さすがにムリがあるし…


でも

そういう意識を持つことは大切ですし

意識しないと成績はあがらないですからね!


受験まで

内申を上げるチャンスはまだありますから

全力で貪欲に取り組んで欲しいです!
posted by with at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184753150
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック