2019年03月12日

涙の数だけ

今年も公立高校入試が終了しました。

今年の入試は例年とは

またひと味違った問題もみられ

ちょっとだけ難易度が高かったような気がします…

今年もBグループの予想は

当たったと思うので

いつもなら

「当たった!」と大騒ぎをしているボクですが

今年はちょっと自重してます。

ウチの生徒達の結果がまだわかりませんし…

いつも書きますが

ボクの予想なんてホントどうでもよくて

生徒達が点数を取ってくれれば

予想が1つも当たっていなくても万々歳

逆に点数が取れていなければ

当たったところで何の価値もない!


自己採点を聞くまではドキドキです。


IMG_5617.JPG

そんな中

試験帰りに寄ってくれた生徒からは

悔しさがにじみ出ていました。


頑張って、頑張って

それでも上手くいかないとき

そんなときもあるんだよ。

そういう時は

泣いていいし

頑張った子にはその権利がある!


ちなみに

全然ダメな点数ではないですよ!(笑)

十分合格発表を楽しみに待てる数値です。

でも

納得いかなかったんでしょうね♪


その子は

自己採点を終えて

何をするかと思えば

勉強を始めました!


ボクはそういう生徒

尊敬します!


だから

数Tのプリントをプレゼントしました!(笑)

きっと

誰より早く大学入試の勉強に取り組んだ生徒です!


結果がどうあれ

高校入試が次の

大学入試に生きてくると信じています!
posted by with at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185698453
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック