2020年02月27日

COVID-19

名前が発表されたのに

一向に「新型コロナウィルス」のままですが

ちょっと冗談言ってばかりもいられない

状況になりつつあるんでしょうか。


先週の授業から

「もし学校がお休みになったら」

という前提の話を生徒達としています。


学校が休みなのに塾行くの?

となるのが普通ですよね。

今のところの

塾としてのスタンスは

「流れに乗らざるを得ないだろうな」

という曖昧なモノです。


生徒達にも話していますが

なんせ敵は「新型」のウィルスなので

誰も正しいことを言えません!

何が正しくて

どうすべきなのかがわかるのは

何年も先の話です。


だからこそ

各個人、各家庭の判断に委ねたいと思っています!

もちろん

日本国として一律「こうしましょう」という

命令(措置)が下れば従います!

ただそれがなければ

それぞれの判断になるのだと思います。


現状のイベントごとの自粛ムードに関しても

「やりすぎ」とも「適切」とも

言い切れません!

生徒達に聞いてもどちらの意見もあります。

それが当然です!

「新型」ですから!


感染症の専門家でも

意見が分かれたりしていますし

著名人などは手のひらクルクルしてますし

基本的にはルールとモラルを守って

自己防衛する!しかないかなと思います。


ボク個人としては

インフルエンザを恐れず

新型コロナウィルスだけを恐れたり

流行りものに乗っかってるだけで

騒いでいる人を見ると

「???」

と思ってしまいます。


新型コロナもインフルエンザもはしかも

マイコプラズマも手足口病も溶連菌も

正しく怖がりましょうよ!と。


話がそれました。


で、塾としてはどうするの?です。

今、考えているのは

以前に藤川先生に教えてもらった

「ZOOM」の活用です。

学校が休校となった時には

これで対応しようと思案中です。


ただ、接続時間が40分なので

短縮版になりますね♪

後は各家庭でテキストを解いてもらい

メールやLINEで対応しようと思います。

不足分の授業があれば

春休みor夏休みで対応します。


来週に迫った入試があるので

受験生はそうはいかないでしょうね。

そうならないことを祈りつつ

最悪の想定と準備はします。

受験生に対しては

そうなった時に個別に連絡していきます!
posted by with at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187207502
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック