2020年06月10日

ZOOM授業の課題

ZOOMを使った授業をやってきて

ある程度上手くいっていた

もしくは

最低限のことはできたと思っていました。

でも

実際の授業とはやはり違うので

デキていない部分もありました。


6月1日から対面式の授業を再開してみて

いくつかZOOMを使った授業の課題が見つかりました。


コレはZOOMを使っている最中も感じていたことですが

やはりそうだったか!

と改めて思い知らされました…


生徒達の表情は見えていましたから

授業にどれくらい前向きに参加しているのか

どれくらい集中しているのか

は把握できました。

授業中に注意を入れることもできました。

ただ、手元がはっきり映らないので

どれくらいできているのか?

が分からないことが不安でした!


だからこそ

いつもの授業以上に

「理解できたかどうか」

を確認しました。

何度も何度も挙手させました!


でも

というか

やはり

というか

実際に対面式の授業で

問題を解いてもらうと

まぁできないこと!(苦笑)


「手、上げてたじゃん!」って

ツッコみたくなることばかりで

実際にも言っちゃいました!(笑)


「おぉ〜〜いぃ!」って♪


もちろん予想できていましたし

そうなるのもある意味「普通」ですけど

やっぱり実際に

目の前に生徒達がいて授業をするのと

そうでないのでは大きな差がありました!


ひと括りに

「オンライン化」なんていっても

急場しのぎでは限界がありますね!


本当にオンライン化していくのなら

手元もカメラで映せないとダメですし

いろいろ課題が分かりました!


でも、1番はやっぱり

自分の城から出てない以上は

「緊張感に欠ける」

これに尽きますね!


コロナが収束し終息してくれたら

こんなこと考えなくてもいいんですけど

まだまだ予断を許しませんから

ZOOMの第2弾も考えておかなければなりません!


その時には今回の反省を生かせるように

手を打っていきたいなと思います!
posted by with at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187583262
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック